大幅値引きの「新価格」はお得か


日本

 一九九〇年のバブルが崩壊した直後に、不動産価格は予想をはるかに超える水準にまで下落しました。特に、大都市の都心部の商業地はバブルのピーク時の十分の一以下にまで下落し、土地神話の崩壊を実感させられました。住宅の価格についても相当なレベルまで低下してしまいました。価格下落に拍車がかかったことで、マンションデベロッパーは新築住宅の完成在庫の処分を急ぎました。例えば、八〇〇〇万円の新築マンションを二〇〇〇万円値引きし、「新価格」として六〇〇〇万円に設定しました。その結果、多くの人が、「二〇〇〇万円も値引きして売るのなら、お得だ」と意気込んで買いました。そして数年後……。事情があって中古マンションとして売却をしようとすると、すぐには売れないうえに、最終的には購入価格の半値でしか売却できませんでした。

マンション

 人間の心理として、「八〇〇〇万円の物件を二〇〇〇万円引きで」と言われれば、正直、一瞬、大きく心を揺さぶられるものでしょう。しかし、よくよく考えてみれば、最初の八〇〇〇万円という値付けそのものに妥当性がなかったのです。新築マンションなどの売り出し価格を見て、これは高いと感じても、「土地の取得価格が高かった」「原材料の高騰で建設費がかかった」などと言われると、不思議と納得してしまうこともあります。しかし、これはあくまで売り手の論理です。ここ数年も地価が高騰していく局面がありましたが、購買力を超え、「これからは上がり続ける」という集団心理が働いて価格が上昇していく現象は、すなわちバブルなのです。バブルに近い状況でつけられた価格から、ある程度値引きされたとしても、それが妥当かどうかは需給関係を見きわめなければ正しい判断ができません。二度目のバブルが崩壊した現在、売れ残った物件の値引きも、当然のように行われるでしょう。購入を吟味するときには、周辺の家賃や中古マンション価格などの相場と比較してみるべきです。


高崎駅周辺にある賃貸物件が気になるところ。地元に特化した不動産会社で、賃貸物件を探すことをお勧めします。 じゅうたんなので、お掃除しやすいのが魅力です。 教育機関が充実しており、子育てするにはお勧めの環境です。
高崎 賃貸≫株式会社Room’sの物件
||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||

湘南のイメージで知られる藤沢市エリア。
このエリアで不動産を探してみませんか?
藤沢であれば,棟ですることなく,海や川に行ってエンジョイすることもできます。
藤沢駅には、江ノ電や湘南新宿ラインなども乗り入れているので,交通アクセスの利便性も文句なしです!
ぜひこの藤沢エリアの不動産を探してみて下さい!

若者から人気を集めており、安心した暮らしを求めている方にとってシェアハウスは理想の環境だと思いませんか?
シェアハウスの経営について検討してみるのもオススメです。色々な住居者と楽しく快適の暮らしをシェアハウス経営で始められるかもしれません。

コメントは受け付けていません。