七〇歳以上の男性が失敗しやすい理由


土地

 日本は太平洋戦争で敗戦を喫し、経済は壊滅的な打撃を受けましたが、その後に目覚ましい高度成長を果たしました。高度成長を経験してきた七〇歳以上の男性は、人生の大半を「土地の価格は上昇し続ける」という「土地神話」の時代に生きてきたため、財産としての土地の価値を他の世代よりも重く考える傾向があります。高度成長期は、経済規模の拡大が本格化していく過程で、地方圏に住んでいた多くの人が、東京や大阪などの大都市圏に吸い集められました。大都市の人口は年々、大幅に増加し続けて、住宅、オフィス、店舗、工場や倉庫などの用地の需要は急拡大が続き、土地不足の時代になりました。そのため、地価は上昇が続き、それが当然と考えられるようになりました。この現実を体験した七〇歳以上の世代は、不動産に対して特別な思い入れを持つ人が少なくありません。その思い入れから「土地を持つ」ことに執着する考えが広まっていき、彼らの子供にも一部引き継がれています。

年配

 状況がまったく変わってしまった現在でも、「土地というものは、一度、手放してしまったらもう手元には戻ってこない」という考えを持つ人が実に多いのです。その結果、これまで所有してきて、現在、利用していない土地を譲ってほしいと言ってきた買い主に、冷たい対応をしてしまうケースもしばしばです。価格交渉にもなかなか応じてくれず、取引に難渋します。しかし無為に時間が経つと、買い主が当初に提示した価格からさらに値下がりしたり、場合によっては買い手そのものがいなくなってしまう例もあります。七〇歳以上の男性は、市場環境が構造的に変化していることを頭では知っていながらも、売却を躊躇して高値で売り抜けるチャンスを逃しているケースが多いのです。一方、私が知っている範囲では、七〇歳以上でも、女性は男性と異なる例も多いようです。
 女性は、代々相続で受け継いできた土地に思い入れはあっても、いざというときの決断は男性よりも早く、周囲の人々を驚かすことも珍しくありません。日本は高齢化社会に入り、多くの財産、とりわけ住宅、土地などの不動産は六〇歳以上の人々が所有するようになっています。女性のほうが男性よりも長生きするために、不動産の所有者は高齢者の女性に増えてきています。最近では七〇歳以上の御婦人が不動産についての関心を高めています。


誰だって,住宅購入で失敗をしたくないと思っていますよね。
家の立地や金額,間取りなど購入したあとで取り返しのつかない事も多いので自分でも住宅購入についてたくさんの情報を収集するのも大切なことです。
それでも,わからないことや不安がある場合は信頼のできる専門家の方へ相談することがおすすめです。

大阪府にある大東市は、ファミリー層が多いエリア。市内には大型スーパーや衣料品店など,買い物をするのに便利な商業施設が沢山あります。また、大阪市とも隣接しているので,市内の移動が便利。駅沿いには賃貸物件の数も多く、ファミリー向けからシングル向けまで、種類は様々です。大阪府で賃貸を探す際は大東市も候補に入れて見ましょう。

設備が充実しており、人気な首都大学東京に入学を考えている学生はいますか?
新しく地方から出てきて、入学が決まっている方や都内にいるけど電車を乗り継いで通学するという方も多いと思いますが,一番理想的なを考えると大学周辺で賃貸を探すのが良いでしょう。
首都大学東京周辺は柳沢の池公園や下袖木郷戸緑地があることから自然が豊富な環境が整っています。また,南大沢駅の近くとなっており,京王相模原線を利用することができ,周りには商業施設も集まっているため、お買い物も困りませんよ。
大学生の一人暮らしはアルバイトが必要になるかもしれませんが、近くにお店も多いのでアルバイトも見つけやすいですよ。一度検討してみませんか?きっと首都大学東京の周辺で素敵な賃貸を見つけられますよ。

コメントは受け付けていません。