貸し出し上限額には要注意


マンション

 最近、地方圏では中古住宅を一〇〇〇万円台で購入できるようになり、年齢を問わず需要が高まっています。人気のある物件には購入希望者が集中します。中古住宅を不動産業者やハウスメーカーが安く買い取って、キッチン、トイレなど水回りを手入れするなど家全体をリフォームし、居住性を高めて一〇〇〇万円台と手の届く価格で再販する事業方式も増えています。この価格帯であれば、六〇歳以上で手元資金が豊富な人にとっては、借金せずに老後を送れると需要が高くなっています。一〇〇〇万円台であれば全額借り入れても、将来に大きな負担にはならないと若年層にも需要の輪は広がっています。一方、多額の借り入れを必要とする大都市圏の住宅、特に新築については、どれくらいまで借りられるのかに関心を持つ方々が多いでしょう。新築住宅のモデルルームを訪れた若いカップルが、資金相談でよく質問しています。購入者の年収、ときには、世帯年収、勤続年数などに加え、さまざまな条件で、金融機関は借り入れ上限額を提示します。かつては、住宅販売価格のうち、一〇~二〇パーセントの頭金を用意できなければ借りられなかったものです。最近では全額貸すというケースも珍しくなく、住宅取得がきわめて容易になってしまいました。つまり手持ち資金がなくても住宅の購入ができたのです。これからもこんな時代が続くとは到底考えられませんが、少なくともこれが現実でした。

アメリカ

 米国でサブプライム問題が起きたときには、対岸の火事と冷笑する人もいました。しかし振り返って、日本における金融機関の融資姿勢と比べてみると、似たような状況があったのです。二〇〇七年頃からは日本の融資事情も大きく変化してきています。すでに、目一杯借りた住宅ローンで購入を果たしたものの、何らかの事情で売却せざるをえなくなった場合、ローンの残債額が売却額を上回る恐れがあります。「借りられるなら、できるだけ多く借りておこう」という考え方には問題があります。借りたものは返すのが常識ですから、「これなら無理なく返済できる」という範囲内に収めておくべきです。少し前に、名門と言われてきた老舗の大企業から新興の大企業、中小企業を問わず、多額の債務を金融機関が免除する事例も報道され、一部には「借金は返済しなくてもよい」と考える向きもあるようですが、無責任です。そんなことをしなくてもよいように、過大な借金は厳に慎んでおきたいものです。


神戸市は多くの人が知るエリアですよね。
そんな市内を貸店舗で見た時にとても注目な街ですよ。
神戸の特徴はお店が多くなっている点やオシャレなアパレルショップがある点にありますよ。
貴方が考える神戸市の貸店舗を考えてみてください。

大国町から徒歩5分圏内には、数多くの飲食店やお弁当屋があり、一人暮らししやすい環境です。賃貸情報を多数扱う会社だと、希望条件に合ったお部屋が見つけやすいです。 ファミリー世帯に人気がある浴場付き物件です。 スーパーの多いエリアなので、夜間の買い物も便利です。※物件情報に飛びます。
賃貸 大国町≫株式会社エステートワンの物件
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

兵庫県の尼崎市は昔から工業都市として発展しており,現在は大阪へのベッドタウンとして注目されています。
街にはスーパーなどの商店街はもちろん,駅近くは複数の鉄道路線を利用できます。
ぜひ尼崎市で賃貸物件を調べてみませんか。駅に近いの賃貸ならとても住みやすいですよ。
ぜひ、尼崎市で賃貸物件をお探しになってみませんか?

コメントは受け付けていません。